Blog

ホテル昭明館

 

三島駅より徒歩2分。老舗ホテルの建て替え工事です。
正面ファサードのデザイン、フロント及びエントランスのインテリア設計を担当いたしました。
東名・新東名高速道、伊豆縦貫道からも近く、 お車での移動も大変便利な立地です。
ビジネスの常宿に、観光の拠点にと様々なシチュエーションにご利用いただけると嬉しいです。

http://showmeikan.com/

今回は設計のプロセスについてご紹介します。
店舗のデザインですので、まずは自分なりのイメージをスケッチにして、オーナーさんへご提示です。
2階部分は、ホテル外部からも利用できる、フランス料理店が入ります。
ホテルとレストランが混在する雰囲気を払拭したく、また、多くのお客様を招く印象として、敷地幅最大限に庇を設けるデザインとしました。
三島駅南口からのメンイストリートに面し、にぎやかな町並み。大きな庇に招かれるようにレストラン、オープンテラスにて一息。 そんな空間を考えました。
宿泊のお客様はこのレストランにて、バイキングスタイルの朝食が選択可能です。三島の町並みを感じながらの朝食タイムを想像しています。

■ファーストスケッチ

■模型を作り、プロポーションの確認です。

 

■図面、スケッチ、模型をもとにCGを作成し、最終的な素材等の確認をします。

■敷地西側、三島駅南口メンイストリートより。

■夜のライトアップは、ホテルの雰囲気をぐっと高めてくれます。

 

■ホテルエントランススケッチです。
オーナー様のリクエストは  「外国の方にも喜ばれる” 和 ” の雰囲気をベースに、どこか懐かしい雰囲気。」
敷地、地面より掘られた溶岩の利用もご提案しました。

 

■ホテル2階フロント スケッチです。
1階エントランスからの連続性を大切に、三島の観光案内等を積極的にスタッフさんができるよう、パンフレットなどがさりげなく置けるスペースのご提案をしました。

CGは、より現実性が高く表現でき、オーナー様とのイメージ共有にかかせないツールの1つとなっています。

 

■エントランスを望む。

■2階フロントです。

 

RECENTRY POST

Column Archive