Blog

伐採か移植か・・・

 

計画案の都合で、敷地に生存している樹木を伐採しなくてはならない場合、移植を第一優先に考えたいと思うけれど、なかなかそうもいかない事もあります。

 

移植して枯れてしまうことも多く、それはなお悲しいと思う。
その敷地にはるか昔より生存している樹木を前に、しばし考える。
思いはオーナーさんも同じでした。どうにかしたい。

ということで、伐採した木材を利用して、家具を作成することにしました。
”木そのものの形 ” をできるだけ変えないこと。  というかなり無謀はリクエストに
工房TOKIさんが対応してくださいました。
木の皮を落とすのに、相当苦労されたようです。製材屋さんに持ち込めば、
機械で簡単に終わる作業ですが、それでは   ”木そのものの形 ”  が変わってしまうとのことで、全て手作業。
思いを丸ごとうけとめて頂きました。

 

想像以上に、、あまりに素敵に仕上げていただき、涙 涙です。
工房TOKI 常田さん。ありがとうございます!!

 

この工房では  ” 馬 “が同居しています。やさしい目をした大きな瞳で見つめられ
なんだか照れくさい気持ちになりました。
来春からは乗馬教室も計画とのこと。またお邪魔したいと思います。

 

RECENTRY POST

Column Archive