Blog

2016年をふりかえり思うこと。

2016年も本日で最終日ですね。
様々やり残した事は2017年へ繰越です。

本年の振り返り、反省くらいはしておこうと思います。
2016年は私にとって挑戦の年でした。
パートナーが他界し三年目、事務所存続のことを一心に思い、なりふり構わず。。。

そんな怒涛の一年が無事終わりました。

個人専用住宅
店舗兼用住宅
温泉旅館の改修工事
既存住宅への増改築工事
既存クリニック、EV増築工事
ビジネスホテル、デザイン監修
複合ビルの一部改修工事
クリニックの基本設計
テナント飲食店の設計

お声がけ頂ける仕事はできる限り、やらせていただきました。
(1つ1つのプロジェクト紹介は、来年きちんと書きます。)

住宅設計を軸に仕事をしてきた自分としては、すべてが挑戦!です。
自分にできるのだろうか・・・?
引き受けて良かったのだろうか? 無事に引渡しができるのだろうか・・・
プレゼンテーションの日の前夜、打ち合せの前夜、準備が間に合わず途方にくれることもしばしば。

自分自身の限界を決めず、プロジェクトに向き合っていると、
ふとした瞬間に様々なことが好転していく。
「自分はまだまだやれる。」おまじないのように唱えた日々。

「正答」のはっきりしない建築設計の仕事において、何を持って自分が胸をはって
オーナーさんへプレゼンテーションできるか?
私にとっての答えは、誰よりもそのプロジェクトに対し、情熱をもってとりくめるか。
その情熱だけは、誰にも負けたくはない。!!

来年は・・
引き続きになりますが、1つ1つの物事に対し丁寧に、より時間をかけていきたいと思います。
設計の仕事に終わりはない。。考えれば考えるほど良い方向に向かっていく。
そんなことを改めて痛感しています。
時間との戦いのなかで、自分の知識、能力の向上に努めたいと思います。
努力に勝る天才なし・・・胸に刻みがんばります!

そして、応援してくださる方々、なかなかお会いできなくご無沙汰してしまっている皆様へ
ご挨拶に伺いたいです。

2017年もどうぞよろしくお願いいたします。
良い新年をおむかえください。

 

 

 

 

RECENTRY POST

Column Archive